MENU

育毛ブラシは頭皮を傷つける恐れがあり、薄毛を悪化させる可能性

薄毛の対策において頭皮の血行を促進することは効果が期待できるため、育毛ブラシを使って血行を促すという方法があります。しかし、薄毛にお悩みの方は既に頭皮がデリケートになっていますので刺激するのはよくありません。頭皮をトントン叩くような形で使うタイプの育毛ブラシは、使用することにより、かえって頭皮を傷付けてしまう恐れがあります。軽く使用すれば血行促進の作用が得られる場合もありますが、髪を生やす対策だと思うと、どうしても力を入れて行いがちになり、結果として頭皮を傷付けてしまうことが多くなります。
使い方も難しいですし、管理も必要です。そのため、対策グッズとしての育毛ブラシはトントン叩くようなタイプは主流ではなく、今では育毛レーザーブラシのように頭皮を刺激せずに血行を促すことができるタイプが主流となっています。

以前は刺激が血行を促進し髪を成長させると言われていたが…

育毛ブラシのメカニズムは叩くことで刺激を与え、刺激によって血行が促進し、毛母細胞も刺激されるロジックです。、しかし、やみくもに頭皮を刺激してもかえって環境が悪化し、ブラシで頭皮を叩くだけでは薄毛対策になりません。人によってはむしろ、してはいけないことの代表のように言われています。頭皮の血行を刺激することは大切ですが、頭皮そのものを刺激しても血行を促すことにはなりません。また、ブラシそのものの管理が疎かになっていることも多いため、とても危険な行為と見なされています。

刺激のコントロールと、衛生面の管理が重要

頭皮の血行を促進することは大切ですが、直接的な刺激で頭皮を傷付けるのはよくありません。傷が付けば炎症などを起こすことも考えられますし、かえって頭皮が固くなってしまい、血行が阻害されてしまう状態を作ることも考えられます。 痛すぎず、かつ血行を適度に促進できる力加減にコントロールが必要であると思います。また、使い続けていると皮脂などがついて不潔になりますので、衛生的に管理することも必要です。汚れがついたままの育毛ブラシを使いつづけていると雑菌などが移ってしまい、かえって頭皮にダメージを与えます。

 

どうしても使いたいなら猪毛ブラシがおすすめ

上記の2つの理由により、育毛ブラシだけで薄毛をするのはかなり難しいと思います。ただ、他の対策の補助的な部分で力のコントロールと衛生面に気をつければ、使ってもいいと思います。その際の選ぶポイントは、猪毛ブラシを使用するのがベターです。猪毛ブラシは猪の毛が使われているブラシで、他の獣毛と比べ毛が硬いため、櫛通りもよく、頭皮に適度な刺激を与えることができます。静電気も起こりにくく、髪の毛そのものをを美しく保つ効果も期待できます。どちらを使用するにしても正しく使うことが大切です。また、お手入れもキチンとして清潔に使用しましょう。