MENU

育毛シャンプーは頭皮環境を整えるための準備アイテムにすぎない

薄毛に悩む人が多い現代において、様々な育毛対策方法の開発が進んでおり、インターネット上には多くの魅力的な商品やサロン、クリニックなどが並んでいます。自宅でできるものから、継続して通う必要があるものまで、ローンを組んで支払いを検討しなければならないものから、日常使うお金の範囲でできるものまで実に多種多様です。
例えば、育毛サロンにいけば、エステに行くようなサービスで頭皮のケアをしてくれますが、相当の費用と時間が必要です。それに対して育毛シャンプーは、基本的にシャンプーですから自宅で普通に髪を洗うだけというお手軽さにして、費用も安く、商品名に育毛とついているのですから、安くお手軽に育毛できれば万々歳とばかり飛びつく人が多いのは納得できます。

 

代表的な各種薄毛対策手段

 

前述の育毛サロンは特別な機械や育毛剤を使用したり、シャンプーやマッサージを行うことで頭皮の状態を改善し育毛を促すところです。手厚いケアがあるだけ費用も掛かりますが、医療ではないので高額だからといって効果があるとは限りません。また、個人差があります。
育毛クリニックなど医療機関の場合は、医学的診断に基づいて治療をしてくれます。主流は現代の脱毛の主要因とされる男性ホルモン由来の症状の低減作用を持つ成分、毛乳頭細胞活性化の効果がある成分の併用です。いずれの成分も公式にデータが報告されており、改善の確率は高い対策方法です。通院せず自分で対策したい人は、クリニックなどで処方されると同じ成分、ミノキシジルを含む育毛剤を使う手段もありますが、ここではスカルプD、カロヤンなどに代表される育毛シャンプーについて効果はあるのか検証してみました。

 

育毛シャンプーは本当に育毛するのか

 

育毛シャンプーは、他のどの方法よりも自然で誰もが普通に行う、髪を洗うという行為による対策方法です。しかし、このような簡単な方法で薄毛の人に対して育毛が進むのでしょうか。シャンプーである以上は界面活性剤が入っていて、大量のお湯を使って洗い流すものです。どんなに有効な成分が入っていたとしても、頭皮に十分残って積極的に育毛をすることは無理だと考えるのが自然です。
では、育毛シャンプーは薄毛の対策にはならないのでしょうか。これは必ずしもそうとは限りません。薄毛の原因は様々ですが、頭皮の皮脂が多く一般的なシャンプーで頭皮環境を整えられなかった事が原因で薄毛になった人の場合は、育毛シャンプーを使って皮脂を除去することに成功し、脱毛の原因を低減できるという可能性はあります。このように育毛シャンプーに期待すべき役割は頭皮の環境を整える事です。

 

育毛シャンプーを使って育毛するためには

 

頭皮環境を整えることは育毛の準備段階であり前提とも言えます。これだけで育毛は出来ませんが、これがないと育毛は進まないかもしれません。極端な例としてシャンプーをしない汚れた頭皮に有効な成分を持つ育毛剤を使用したところで、汚れに阻害されて十分毛根に達しない事が考えられます。逆に頭皮を十分清潔に健全に整える事で育毛剤のような積極的な育毛効果をアシストできる可能性があり、適切な育毛剤との組み合わせは有効な育毛手段となります。
頭皮環境を整える上でもう一つ、余計な刺激を持ち込まない事は重要で、天然成分を中心に選択する方が良いと言えるでしょう。
更に頭皮環境には個人差があるのを忘れない事です。皮脂の分泌が少ない人に皮脂除去効果が強いものを使えば乾燥し過ぎになります。シャンプーも育毛剤も市場の情報だけでなく、本当に自分に合うものを選びましょう。